KATOU ICHIKOU

■ダイアリー/エッセイ/小説などのオリジナルコンテンツを掲載

ロボットダンス

頭の中で、ロボットダンスをしている人のイメージが離れない。

イメージだから超うまい。

人間離れもいいとこで、まるでロボットだと言うか、もうまるっきりロボットだ。

ダンスにはとても見えない。

ロボットダンスだと知らなければ、ロボットだと思っただろう。て言うかロボットだろうこれ。

でも、あくまでこれはロボットダンスのイメージなんだから、ロボットじゃなくてロボットダンスのはずなんだ。

 

ところで僕は、何でこれをロボットダンスだと思ったんだろう。